うつ病を解消しよう|適切な治療で生活への悪影響を改善

体に多大な影響を与える

カウンセリング

うつ病は、脳の病気と呼ばれている症状で、心だけでなく体にも何かしらの不調をもたらします。頭痛などの身体的な症状は勿論、不眠や不安感、焦燥感といった精神的な症状と、あらゆる影響をもたらしてしまいます。これらの症状は、一時的なものではなく、人によっては長期的に続いてしまいます。あらゆる弊害をもたらすうつは、日常生活や仕事に多大な支障をきたしてしまう恐ろしい症状です。しかも、厄介なことに、人によって引き起こされる症状も異なります。事前に、どんな症状が現れやすいのかをチェックしておけば、体質にピッタリな治療方法を見つけられます。

まず、うつの一般的な症状なのが気分障害。気分が沈む、悲しさ、寂しさ、孤独感、無力感といったネガティブな思考に支配されている状態に陥ってしまうのが特徴です。ネガティブな思考に陥ってしまうことで、どんなことに対しても意欲がわかなくなってしまいます。食事やテレビ視聴、お風呂に入るのが面倒に感じてしまうケースもあります。また、思考にも悪影響を及ぼしてしまいます。思考が抑制されてしまうので、何かを考えたりイメージしたりするのが出来なくなってしまうのです。

身体的な症状だと、頭痛といった病気的な症状もありますが、慢性的な疲労感や倦怠感に襲われてしまいます。何をやるにしても、だるくて動けない、すぐに疲れてしまうのでやめたくなってしまいます。倦怠感や疲労感は、身体的な症状だと認識してしまう人も数多くいるので、内科で受診してしまうケースが多めです。内科の受診で原因が解明されなかった場合は、試しに心療内科や精神科の医師に診てもらった方が良いです。

脳の病気であるうつは、あらゆる治療法が確立されています。心療内科や精神科での治療でメインとなるのが薬剤の処方です。症状を引き起こす原因であるセロトニンやノルアドレナリン不足を補うための薬剤を扱い、ネガティブな思考に陥るのを徐々に改善傾向に向かわせます。人によっては、副作用の症状が気になるという人もいますが、最新の薬剤では副作用の症状が現れにくいタイプのものも登場しています。体に負担をかけずに症状を改善傾向に向かわせられるので、無理なく治療を続けられます。着実に、うつの症状を改善傾向にもっていきたいのなら、医師が処方する薬剤を用いて、焦らずゆっくりと治療を受け続けていくのが望ましいです。そのためには、治療実績が豊富なクリニックを探し出して、相談に訪れるのが望ましいのです。