うつ病を解消しよう|適切な治療で生活への悪影響を改善

油断は禁物

医者

うつ病は、根気よく治療を続けていけば、改善させられます。薬剤治療やカウンセリング、医療機器を用いた療法、日常生活の改善を続けていけば、ネガティブな思考も引っ込んでいきます。頭痛や倦怠感、正常な思考力を取り戻せたら、問題なく仕事ができると思い込んでしまいます。実は、うつ病の治療で注意しておきたいのが、治ったと思った頃合いです。ネガティブな思考が影をひそめる回復期に入ると、治ったと勘違いしてしまう人が多くいます。休職していた職場に復帰しても大丈夫と思い、出社したら再び症状をぶり返してしまったという人もいるほどです。うつで見られがちな頭痛や倦怠感、思考力の低下の症状が見られなくなったからと言って油断は禁物です。せっかくコツコツと続けてきた治療を最初からやり直しにしないために、すぐに職場復帰をしないのをおすすめします。

うつの再発防止をするには、まず担当医師の指示に従うのを意識するのが望ましいです。うつの症状や発症期間は個人差があります。自己判断で治ったと勘違いして職場復帰をしないために、回復期に突入したら医師とのカウンセリングは続けた方が良いです。薬剤の服用は続けるべきか、何か始めても良いことはあるのかをカウンセリングを通して聞き出すのも有効な手段です。

回復期に入ったら、やっておくべきことは生活リズムを整えることです。生活リズムの乱れは、精神的にも負担をかけてしまいます。回復期に入った頃合いで正常な睡眠時間や食事時間に整えるのに力を注げば、寛解に至った後の生活でストレス蓄積を最小限に抑えやすくなります。回復期に入ったら、正常な生活リズムに整える良い機会だと思うのも悪くないです。生活リズムを整えるのと同時に行ないたいのが、医師以外で気軽に相談できる人を確保することです。会社の同僚や上司、知人でうつの症状に関する理解者を増やしておけば、何かにつまずいたときにすぐ相談しやすくなります。

治療を終えた後に職場復帰をした場合、受け身の姿勢に徹するのが望ましいです。久しぶりの仕事だからと言って、張り切るのは悪いことではないです。ですが、ミスを犯した途端に再発するのを避けるために、しばらくは低空飛行気味で担当作業をこなしていった方が良いです。再びうつ病にかかってしまい、休職せざるを得なくなる状況に陥らないよう、最初は簡単な作業をこなし、徐々に仕事の難易度を高めていくのが望ましいです。